スーツについて

banner

スーツの良さはどこで決まるでしょうか

スーツの種類には大きく二つあります。
スーパーの店で購入する一万円程度のから、紳士服専門店で購入する四万円もするものまで色々です。
そのどちらで買うのがいいのか、そのよさを比較してみます。
安く購入できるスーツは、何着も買うことができて、日々着替えながら様々な柄や色を楽しみながら着こなすことができます。
一方、高いスーツは、生地自体がよいばかりでなく、パンツの方の腰の内側に滑り止めのゴムが縫いつけてあったり、すそ上げしたところがほつれにくくなっていたりと質がよく長期に渡って着ることができます。
さて、問題点はどこかというと安価なものは、ズポンの裾がこすれて破けてくるようになります。
また、生地が全体的に光っているようになります。
一方、高価なものは、そんなに生地がいたむこともなく着続けられます。
選択については、お好み次第ですが、長期間に渡って着ようという方は高いものを、消耗品として何枚も買い、色や柄などを毎日楽しむのなら安価な背広でよいです。
上着は長持ちしますが、ズボンは、値段によって変化が違うように考えます。

スラックス1,980円~

関連ページ一覧

banner
新郎新婦の兄弟は、両親より上の格の衣装を着てはいけません。
両親が何を着るか分かっておく必要が

スーツに関することを理解する 結婚式編

banner
仕事をする際にスーツを着る人は、多いのではないかと考えられます。
それは、それが仕事をする際に

仕事をする際に適した服装であるスーツ

banner
営業職に就いている人は必ずと言って良い程毎日スーツを着ると思います。
スーツもピンキリで良い生

高級なスーツが必ずしも良いとは限らない

Copyright(c) スーツ All Rights Reserved.